公開履歴
白い錠剤と花と瓶

人間は何かしらの理由で性行為を行います。
性行為は子孫を残すためのものですが、性的欲求を満たす目的でも行われます。
その際、妊娠は避けたいという女性も少なくありません。
望まない妊娠を避けるためには、様々な避妊用具を使用する必要があります。
女性の場合、低用量ピルを日頃から服用すれば避妊できますが、それだけでは避妊できない可能性も考えられます。
妊娠してもらわないよう、避妊を確実に行うために服用するのがアフターピルです。

アフターピルを病院で処方してもらう際の値段

アフターピルを入手する手段として、病院を利用する方法が挙げられます。
アフターピルは緊急避妊薬のことで、れっきとした薬です。
そのため、病院で受診すれば処方箋を出してもらえます。
病院の処方箋で入手する方法ですが、そこで問題になってくるのが値段です。
アフターピルを1回分買うには、どれほどの料金が必要になるのでしょうか。

まず、直接医師にアフターピルを売ってほしいと頼んでも、簡単に処方されるわけではありません。
処方箋が出される前に、当然検査を受ける必要があります。
アフターピルには幾つか種類があります。
体質と相性が合っていない種類のものは副作用が強く反応してしまう場合もあるため、事前に検査してその人に合っているかどうかを調べます。
検査は主に簡単な事前検査、より詳しく調べるための精密検査と大きく分けて2段階あります。
これらの検査で服用できると判断された場合、アフターピルを処方してもらうことが可能です。
早ければ、当日中に処方してもらうこともできます。

病院でアフターピルを処方してもらう場合、初めは必ず検査を行う必要があります。
ですが、この検査には診察料がかかり、精密検査まで行えば大体1万円~2万円ほどします。
もちろん病院によっても違いますが、通常5千円以上は必ず必要になります。
診察料の料金もありますが、アフターピルそのものにも料金はかかります。
通常病院からアフターピルを処方された場合、1回分で7千円~1万円ほどの値段です。
これらの料金を全て足すと、1回分のアフターピルを購入するまでに2万円以上支払うことも少なくありません。
これを安価と捉えるかどうかはそれぞれですが、稼ぎの少ない女性からすれば高いと言えるのではないでしょうか。

しかし、これらの料金は病院ごとに異なります。
診察料や処方箋などは通常料金が決まっているものですが、アフターピルに関しては自由診察なので、病院側で料金を設定できます。
ですので、地域によって合計2万円かからなかったということもあれば、3万円以上の料金が発生することも考えられます。
病院で処方された場合は安全だと言えますが、それ相応の値段がかかる手段です。
アフターピルをどうしても安全に使いたいという方は、病院で処方してもらうべきでしょう。

アフターピルを通販で購入する際の値段

病院で処方してもらう方法とは別に、ネット通販を利用して購入する方法もあります。
処方してもらう方法とは大きく違う点がいくつか存在します。

まずネット通販を利用した場合、かなり安価な値段でアフターピルを入手できます。
病院で処方してもらう場合、アフターピルが5千円以下ということはほとんどありません。
ですがネット通販を通して購入すれば、1回分2千円以下で購入できることが多いです。
病院では検査を受けなければならず、診察料も高めに支払う必要がありましたが、ネット通販を利用する場合はそのような検査が一切必要ありません。
診察料で1万円以上かかったところが、全てなくなります。
ですので1回分のアフターピルを購入する場合、病院では2万円以上かかるもののネット通販であれば2千円以下、つまり9割引きで購入することが可能です。
病院で処方してもらうよりネット通販を利用した方が、遥かに安くなることがわかります。
アフターピルの中でもアイピルは格安で入手することができます。
アフターピルのアイピルを通販して、もしもの事態に備えておきましょう。

ですが、ネット通販を利用する際に注意しなければならない点もあります。
それは、日本国内の通販サイトでは取り扱っていないという点です。
実は日本でアフターピルを取り扱うことに関して、薬事法という法律で規制がかけられています。
そのため、日本国内では医師の処方箋なしに買うことができず、薬局以外で提供することもできません。

ではどう入手するのかというと、海外の通販サイトを利用して購入します。
海外は日本と違ってアフターピルに関しての法律がなく、コンドームなどと同じように薬局などで販売されているため、ネット通販で取り扱っている場合も多いのです。
いわゆる個人輸入を行うことで、病院よりも安価な値段で購入することができます。

また、ネット通販を利用する上でさらに安い金額で購入する方法も存在します。
それは、まとめ買いセールなどの通販限定のサービスを利用することです。
病院は自由診察で料金を自由に設定できますが、お店ではないので割引セールなどを行うことはあり得ません。
しかし、海外の通販サイトであれば期間限定のセールスやまとめ買いすることで割引されるサービスなどが存在しています。
本来なら2千円ほどかかるアフターピルも、このサービスを利用することで5百円程度で購入できることもあるため、お得に購入することが可能です。

アフターピルは事前に準備しておくと便利

アフターピルは緊急避妊薬なので、もしもというときに役に立つものです。
低用量ピルを常日頃から服用していれば避妊効果のある状態をキープできますが、それを行っていない方も当然います。
例えば、社会人になれば男性とお酒を飲む機会が増える方も少なくありません。
そのとき、酒で酔った勢いで性行為に及んでしまい、妊娠の可能性が生じてしまう場合も考えられます。
普段から低用量ピルを服用していなければ、妊娠する可能性が高い状態です。

しかしアフターピルに関する知識がある方であれば、72時間以内に服用しようと行動し始めるかもしれません。
ですが、こうなってくると入手する手段がかなり限られてしまいます。
ネット通販の方が安価でアフターピルを購入できますが、こちらは海外から発送してもらう形になります。
日本国内であれば即日配送などのオプションを利用できる通販サイトも多いですが、海外から海を渡って手元へ届くのに、即日でというのは無理があります。
そのため、必ず配達時間を要してしまうわけです。

配達時間は注文した国によって様々ですが、最低でも1週間はかかります。
1週間も経てばアフターピル服用のリミットである72時間を超えてしまうため、通販サイトを利用した場合はタイミングが遅れてしまいます。
そのため、必ず病院で処方してもらう必要があります。
即日でアフターピルを入手したい場合、これ以外に方法はほとんどありません。

ですが普段からピルを使用していない場合は2万円以上の費用がかかってしまうため、不意な出費としては大きなものです。
このような出費を避けるためにも、アフターピルを事前に準備しておけば便利でしょう。
もしものことを思ってアフターピルを購入するなら、余裕を持ってネット通販を利用し安価で購入することも可能です。
その上、実際に妊娠の可能性が生じてしまった際にも、そのタイミングで服用することで避妊率が上がります。

「アフターピルを常に持ち歩くのはちょっと…」という方がいるかもしれませんが、実際に何が起こるかわかりません。
特に女性は、性的被害を受けやすいことも事実です。
そのため、お守り代わりにアフターピルを常備している方も少なくありません。
決して恥ずかしいことではないので、自分の身を守るという意味でも、事前に準備しておくと良いかもしれません。

記事一覧
副作用で嘔吐したら効き目はなくなる? 2020年05月04日

妊娠することを望んでいない男女が性行為をする場合、きちんとコンドームなどで避妊するのが基本です。避妊の方法にはさまざまなものがありますが、性病を予防する効果も期待できるコンドームを使用するのがベストだといえます。ただし、コンドームを装着していても確実に避妊できるとは限りません。装着の仕方が不適切だっ...

アフターピルだって副作用はある 2020年03月29日

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれており、避妊をせずに性行為をした時や性行為の最中にコンドームが破れてしまい、望まない妊娠の可能性がある時に飲む薬です。あくまで緊急的に飲むことを目的としている薬であり、日常の避妊目的で飲むものではありません。アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠という2つの種類が...

アフターピルは不妊の原因ではありません 2020年03月01日

アフターピルは避妊に失敗した時に使用する薬です。この薬には多くの間違った情報が出回っているため、誤解しているという人も多いでしょう。代表的な誤解としてはアフターピルを飲むと不妊になってしまうというものです。アフターピルは服用することで月経を早めたり、遅らせたりする作用の薬です。飲むことで不妊を引き起...

なぜ低用量ピルで生理痛緩和ができるの? 2020年02月04日

そもそも生理痛というのは、排卵によって卵巣から分泌されるプロゲステロンが子宮内膜に働きかけることが原因で起こります。プロゲステロンの分泌量が多いと、生理中の子宮内膜に増えるプロスタグランジンによって子宮の収縮が強くなり、これが生理痛と呼ばれる痛みを引き起こすというわけです。このプロスタグランジンの量...

トリキュラーで避妊に備えよう 2020年01月08日

トリキュラーという薬を服用すると避妊に備えることが出来ます。結婚している人や結婚を前提に付き合っている人がいる場合でも、まだ妊娠したくないという時には避妊の対策をしておくと安心です。その時に、夫や彼氏にコンドームをつけてもらうのはよく使われる方法ですが、トリキュラーなら女性が自分で避妊対策が出来る点...

未成年でもアフターピルは必要 2020年01月04日

女性が妊娠可能となる年齢は最初の排卵が起こる12歳前後からです。このため思春期にある未成年であっても性行為を行えば妊娠する可能性があります。さらに未成年の場合には十分に身体が成長していないため低年齢における妊娠は母体に対しても大きなリスクとなりますし、未成年同士の場合には経済的な負担も多くなります。...

アフターピルの効果的な飲み方を知っていますか? 2020年01月01日

万が一避妊に失敗してしまった場合、望まない妊娠をすることになってもいけません。望まない妊娠によって中絶をするような事になれば、罪悪感に悩まされながら人生を送る事になります。そうならない為には、アフターピルを利用して妊娠しないようにしたほうがいいでしょう。避妊に失敗した時に妊娠しないように効果が期待で...

病院で処方してもらうのと通販で買うのは違う? 2019年12月29日

望まない妊娠を防ぐためには、コンドームなどを適切に使用して避妊を行うことが大切です。コンドームの避妊成功率はかなり高いため、使い方を間違えていない限り、失敗してしまうことは少ないといえます。ただし、確実に避妊できるとは限らないことに注意しなければなりません。コンドームを使用していたからといって、絶対...