病院で処方してもらうのと通販で買うのは違う?

薬を飲む女性

望まない妊娠を防ぐためには、コンドームなどを適切に使用して避妊を行うことが大切です。
コンドームの避妊成功率はかなり高いため、使い方を間違えていない限り、失敗してしまうことは少ないといえます。
ただし、確実に避妊できるとは限らないことに注意しなければなりません。

コンドームを使用していたからといって、絶対に安全だと思ってしまうのは禁物です。
きちんと装着したつもりなのに装着できていなかったり、性行為の後で破れていたことに気づいたりすることもあります。
このようなときは、慌てずに対処することが何よりも大切です。
性行為の後に否認する方法として、アフターピルを飲む方法が効果的だとされています。

どのタイミングでアフターピルを飲めばよいかというと、性行為の後72時間以内です。
72時間を過ぎてしまうと、アフターピルの効果が期待できなくなってしまいます。
また、できるだけ早く服用する方が望ましいので、性行為の時点でコンドームが破れていることに気づいたなど、避妊失敗の可能性がある場合は速やかに医師の診察を受けることが大切です。

アフターピルを入手するには、病院での診察を受けるのが基本とされています。
とはいえ、いつでも病院に駆け込めるわけではありません。
病院に行くのが恥ずかしかったり、時間的な余裕がなかったりすることはあるものです。
そのような場合に役立つのは、通販で入手する方法だといえます。
ただ、病院で処方してもらうのと通販で購入するのとで、違う部分もあることに注意しなければなりません。

たとえば、病院で診察を受ければアフターピルを即日で処方してもらえるため、すぐに飲むことができます。
これに対して通販の場合、注文してから届くまでに一定の時間がかかってしまうのです。
すぐに出荷してもらえたとしても、即日で届く可能性は低いといえます。
性行為の後72時間が限度なので、注文するタイミングが遅くなると間に合わないリスクがあるわけです。

アフターピルを買うときに大事なのはお金か安心か

アフターピルを入手する方法は病院と通販の2つですが、どちらにもメリットとデメリットがあります。
きちんとメリットとデメリットを比較して決めないと、大きなトラブルにつながる可能性もあるのです。
アフターピルというのは望まない妊娠を防ぐために飲むものなので、安心感を持てるかどうかが重要なポイントになります。
費用が高いかどうかという観点で見ると、通販の方が安く済ませられるメリットがあるのですが、病院で処方してもらう方が安心なのは確かです。

病院で診察を受ければ、アフターピルの飲み方や今後の注意点などをアドバイスしてもらえます。
また、処方されるアフターピルの品質にも不安を抱くことがないのです。
しかし通販の場合、専門的なアドバイスを受けることはできません。
飲み方についても自分で調べなければならないため、間違えてしまうリスクが生じます。
一般的なサプリメントなら、費用を安くすることを優先しても大きな問題にはなりません。
ただ、アフターピルで失敗すれば妊娠してしまうため、重要な問題です。

性行為の後でアフターピルが必要だと思った場合は、費用を度外視して病院に駆け込むことが極めて重要だといえます。
恥ずかしい気持ちがあるのは仕方ないことですが、妊娠してしまって困るのは自分自身です。
診察の費用などで出費は大きくなってしまいますが、少しでも安心感を得られるようにした方がプラスになります。

通販のサイトでアフターピルを購入しようとすると、どの製品が良いのかを判断するのがとても難しいのです。
安すぎるものを避けるのは基本ですが、費用がかかるからといって安心とは限りません。
医師の診察・処方に基づくアフターピルなら、費用をかけただけの安心感があります。