抜け毛はストレスではなくアフターピルのせいだった

妊娠を望んでいない場合は、性行為の際は避妊具を使うなどの対策が必要ですが、時には着け忘れや破損もありますし、さらに男性側があまり協力的ではないという場合もあります。

避妊をより確実にするには女性側の工夫も必要ですが、低用量ピルは正しく飲めばかなりの高い確率で避妊ができると言われています。
そして、飲み忘れてしまうと避妊の効果は得られなくなってしまいますので、正しく飲むことが大事です。

ピルを飲んでおくと安心感が増しますが、やはり飲み忘れてしまうこともありますし、時には予期せぬ事態が起きてしまうこともあります。
避妊に失敗した場合は中絶という方法もありますが、精神的なダメージは少なくありませんし、女性の身体には負担もあります。

もしも避妊に失敗してしまった場合も落ち着いて行動することが大事です。
アフターピルと呼ばれるピルも販売されており、性行為後に72時間以内に飲むことで妊娠を防げると言われています。

アフターピルは緊急避妊薬とも呼ばれており服用後は排卵を遅らせ子宮内膜への着床を防いでくれます。
できるだけ早く飲むことが大事ですので、避妊に失敗した場合は早めに婦人科などに相談しましましょう。
ホルモンバランスを急激に変化させることで妊娠を防ぐ薬です。

正しく飲むことが大事ですので、医師の指導はきちんと守りましょう。

避妊が成功したかどうかは、服用後の出血で知ることができます。
薬を飲んでから早めに生理がきた場合は避妊は成功したということがわかりますが、いつまでも出血がない場合は妊娠した可能性がありますので、診察を受けてみましょう。

女性も抜け毛に悩む人が増えていますが、抜け毛の原因は精神的なストレスと考える人も少なくありません。
抜け毛がアフターピルの服用後に増えたという場合はストレスではなく、薬が影響している可能性があります。
アフターピルを飲むとなぜ抜け毛が増えるのか、いつ改善するのかその理由も知っておきたいところです。

服用後に毛が抜けるのはどうして?

女性は髪を大切にしている人が多いこともあり、多くの抜け毛があると精神的なダメージも大きくなりますし、見た目の変化も気になります。
とはいえ、服用後の抜け毛は一時的なものであることが多く、それほど心配はいらない症状です。

アフターピルの服用後になぜ抜け毛が増加するのかも知っておきたいですが、まず髪の健康には女性ホルモンは深くかかわっています。

女性の抜け毛では、産後に髪が多く抜けることで知られています。
妊娠中は女性ホルモンが増加しヘアサイクルの成長期が延長し、通常よりも髪は抜けにくい状態です。

そして、産後は身体が女性ホルモンを元の状態に戻そうとするので、妊娠中に増えていた女性ホルモンも急激に減少し、ホルモンバランスが乱れることとなります。
ホルモンの状態が乱れるとヘアサイクルも乱れるので妊娠中に本来抜けるはずだった髪が一気に抜けてしまいます。

こうした産後の脱毛は一時的なもので、ホルモンバランスが元に戻ると自然と収まっていきます。
ピルを飲んだときも妊娠している時のように女性ホルモンの量が増え髪も抜けにくくなりますが、ピルの服用を止めると産後と同じようにホルモンバランスが乱れることとなり、抜け毛が増えることとなります。

アフターピルの服用後の抜け毛も産後と同じように一時的なもので、ホルモンバランスが元に戻るとおさまっていくことが多く、過剰に心配することはないとされています。
抜け毛が長く続く、回復が遅いという場合は医療機関に相談してみましょう。
薬の効果や副作用には個人差がありますので、全ての人が多くの抜け毛があるというわけではありませんが、服用後にはこうした変化が起こり得るということは知っておきたいところです。