トリキュラーで避妊に備えよう

幸せな女性

トリキュラーという薬を服用すると避妊に備えることが出来ます。
結婚している人や結婚を前提に付き合っている人がいる場合でも、まだ妊娠したくないという時には避妊の対策をしておくと安心です。
その時に、夫や彼氏にコンドームをつけてもらうのはよく使われる方法ですが、トリキュラーなら女性が自分で避妊対策が出来る点が便利です。
もしも、コンドームをつけて欲しいと言いづらい場合でも、トリキュラーを正しく飲んでおけばほぼ失敗することなく妊娠を回避出来るでしょう。

トリキュラーに含まれている有効成分はレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールというホルモン薬です。
通常、女性の体の中では卵胞ホルモンと黄体ホルモンのホルモンバランスが変化していくことによって妊娠の準備をしたり生理が起こったりしています。
トリキュラーを飲むとレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの作用によって、排卵が抑えられたり子宮内膜を変化させて着床しにくくする効果が得られ、避妊効果が期待出来ます。
また、子宮の中に精子が入りにくいよう粘膜を変化させるのもこの薬の効果の一つです。

避妊をしたいと考えている人は、婦人科のクリニックでトリキュラーを使いたいと伝えて相談してみるのが良いでしょう。
トリキュラーは有名な薬であるため、多くの婦人科で処方してもらえます。
低用量ピルの一種であるトリキュラーなら、配合されているホルモン薬の量が必要最小限に抑えられているので、中用量ピルに比べて副作用の心配が少なくなっています。

トリキュラー服用による効果は避妊だけに留まらず、毎月の生理周期が安定したり、生理前の憂鬱感やイライラ感が薄れたり、生理痛が軽くなるといった副効用も得られることが多いのがメリットです。
これらの良い効果はレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを服用することでホルモンバランスが整うことによって得られるとされています。
現在では多くの女性がトリキュラーを使って避妊しているため、気軽に相談してみてはいかがでしょうか。

毎日飲むことが一番の対策

トリキュラーで避妊をしたいなら、毎日確実に飲むことが一番大切なことになります。
それは、トリキュラーは飲み続けてレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールを体に補充し、ホルモンバランスを整えることによって避妊を可能にしている薬だからです。

低用量ピルの中でも一相性のものと三相性のものに分かれますが、トリキュラーは三相性のピルなので、レボノルゲストレルとエチニルエストラジオールの配合量が三段階に変化するという特徴があります。
このことにより、本来の女性のホルモンバランスの変化に近い状態になるため、生理による出血量が多くて困っていた人は出血量が減るというメリットが得られるとされています。

トリキュラーの正しい飲み方は、毎日1錠をなるべく同じ時間に、シートに付けられている順番通りに飲んでいくことです。
この薬には21錠セットのものと28錠セットのものがありますが、両方とも成分は同じで、21錠の方は1シートを飲み終わったら7日間の休薬期間を設けることになっています。
休薬期間に生理のような出血がありますが、7日経ったらまた新しいシートの薬を順番通りに飲んでいきましょう。

トリキュラーを毎日飲むことにより避妊が出来るのは便利ですが、副作用が心配だという人もいるのではないでしょうか。
トリキュラーの副作用には不正出血やむくみなどがあります。
しかし大抵の人は軽い症状で済む場合が多く、薬に体が慣れるに従って症状が消えていくことがほとんどです。
それでも、むくみなどの副作用が出て気になる時には婦人科の医師に相談してみると、対応の仕方を教えてもらえるはずです。
トリキュラーは飲み忘れてしまうと避妊効果が弱まる危険性があるため、忘れずに毎日飲むようにしましょう。