アフターピルの効果的な飲み方を知っていますか?

微笑む女性

万が一避妊に失敗してしまった場合、望まない妊娠をすることになってもいけません。
望まない妊娠によって中絶をするような事になれば、罪悪感に悩まされながら人生を送る事になります。
そうならない為には、アフターピルを利用して妊娠しないようにしたほうがいいでしょう。
避妊に失敗した時に妊娠しないように効果が期待できる方法です。

アフターピルは薬局で購入する事が出来ませんので、病院に行って処方をしてもらう事になります。
医師に相談をすれば処方をしてもらえますので、指示をされたとおりに飲む事です。
指示通りに飲まなければ効果を発揮する事が出来ませんし、妊娠をする確率が減る事はありません。

処方されたアフターピルを効果的に飲むためには、性交後72時間以内に服用をする必要がありますので、早く病院に行って処方をしてもらうようにしましょう。
避妊に失敗をしても大丈夫だろうと安心しきっていたり、時間がないからとのんびり構えていると、効果的な飲み方である72時間を経過してしまう事になります。

病院で処方されたアフターピルを飲みさえすれば安心してもいいというわけではなく、72時間という早い段階で飲むのが効果的ですので、タイミングを失わないようにしましょう。
性行為から3日以内というのはあっという間な気持ちになりますが、一生が関わってくる問題でもありますのでのんびり構えているわけにはいきません。

薬を服用した後には、副作用があらわれる事があります。
副作用の表れ方は個人差がありますが、吐き気がして吐いてしまう事もありますので、吐き気止めを一緒に服用するようになります。
それでも吐いてしまった場合には、タイミングによっては効果が得られなくなる可能性がありますので、医師に相談をすることです。
吐いたタイミングによっては、もう一度服用し直す必要が出てくる事もある為、自己判断をしないようにしましょう。
医師の指示によって、効果が得られる方法にする事です。

タイミングを間違えて飲んではいけない

アフターピルを処方されると、効果的な飲み方の指導を受けるはずです。
性行為後の飲むタイミングは出来るだけ早い方がいいですので、3日以内には服用をしなくてはなりません。
避妊効果が高いからと言って、指定された量よりも多く飲んでも避妊効果が高まるわけではありませんので、正しい使用量で利用をすることです。
性交以後72時間以内であれば、高確率で避妊が出来ますので、トラブルに発展しにくくなります。

一度の服用で効果があるわけではなく、そこから12時間後にもう一度薬を服用する必要がありますので、飲み忘れないようにしなくてはなりません。
せっかく高確率で避妊が出来る方法だというのに、飲み忘れる事によって、効果を得られなくなってもいけませんので気をつけることです。

最初の服用は72時間以内に行わなくてはなりませんが、72時間以内であればいつでもいいというわけではありません。
その中でも出来るだけ早い方がいいと言われていますので、24時間以内には病院を訪れて薬を処方してもらう事です。

72時間という時間は、タイムリミットの時間でもありますので、少しでも早く病院に行かなくてはなりません。
病院に行ってからも早く診察をしてもらう必要がありますが、待ち時間を短縮する為にも、アフターピルを処方してもらいたいという事を伝えてみる事です。
受付時に伝えておく事によって、早く診察をしてもらえるように配慮してくれる事もありますので、伝えてみましょう。
少しでも早く処方してもらい薬を服用する事が、今後の将来を左右していきます。

望まない妊娠というトラブルを避けるためにも、避妊に自信がなかった時には利用をするようにし、タイミングを逃さないようにしましょう。