アフターピルだって副作用はある

アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれており、避妊をせずに性行為をした時や性行為の最中にコンドームが破れてしまい、望まない妊娠の可能性がある時に飲む薬です。
あくまで緊急的に飲むことを目的としている薬であり、日常の避妊目的で飲むものではありません。

アフターピルにはプラノバール錠とノルレボ錠という2つの種類があります。
以前はプラノバール錠が多く使われていましたが、現在ではノルレボ錠を使うことが多くなっています。
ノルレボ錠は妊娠の可能性がある性行為をしてから72時間以内に1錠を服用することになります。
プラノバール錠よりも高確率で避妊することができるということです。
また、すぐに飲んだ場合より低確率になりますが、最大で120時間まで緊急避妊の効果が持続すると言われています。

アフターピルは高確率で避妊効果が得られますが、100%妊娠しなくなるというわけではないので注意しましょう。
効果を高めたいならできるだけ早く飲むことが大切です。
アフターピルには大量の女性ホルモンが含まれています。
体内に女性ホルモンを増やすことで強制的に生理を起こし、妊娠を防ぐという仕組みです。

ホルモンバランスを変化させると聞くと不安になる人もいるかもしれません。
しかし、副作用のリスクは低いですし、一度服用したら妊娠しにくくなってしまうようなこともないので安心して服用することができます。
また、妊娠中に飲んでしまっても胎児に深刻な影響はないと言われています。

アフターピルを飲むことで体内のホルモンバランスが妊娠中と同じような状態になります。
そのため薬の種類によっても変わってきますが、何らかの副作用が出てしまうことはあります。
主な副作用としては、吐き気や眩暈、頭痛などが挙げられます。
また、胸の張りを感じる人も多いということです。

吐き気などの症状が出ると妊娠したのではないかと心配になる人もいるでしょう。
しかし、妊娠したことで起こる症状は早くても生理予定日から1週間以上過ぎて出てくるということです。
アフターピルを飲んですぐにこのような症状が出てしまった場合、薬の作用であると考えられます。

アフターピルがどうして吐き気をもたらすのか

アフターピルは避妊に失敗した後に服用することにより、妊娠を防ぐことのできる薬です。
いかし、低用量ピルほどの効果はありませんし、あくまでも最終手段と考えておきましょう。
アフターピルは体内のホルモンバランスを急激に変化させるため、服用すると低確率で吐き気などの症状が起こってしまうことがあります。

これはアフターピルを服用したことで一時的にホルモンバランスが乱れてしまうためと考えられています。
自律神経が乱れたり、プロゲステロンが増加することで痛みの原因となるホルモンが分泌されるようになります。
それによって吐き気などの症状が起こりやすくなるということです。

吐き気を放置しておくとさらに悪化してしまうこともありますし、嘔吐に繋がることもあるので注意しましょう。
吐き気の症状は服用して2~3時間程度で出てきます。
症状の出方には個人差もありますが、24時間以内に治まったという人が多いです。
吐き気が心配な場合は胃に負担がかからない食事を摂取したり、胃腸薬などと併用すると良いでしょう。
基本的に食事をしてから服用した方が吐き気は出にくいと言われています。

アフターピルを飲んでから嘔吐してしまった場合、飲んでからの時間を確かめましょう。
飲んでから3時間以上経過している場合は体内に薬がしっかり吸収されているので問題ありません。
しかし、3時間経過する前に吐きだした場合、しっかりと薬が吸収されていない可能性があります。
十分な避妊効果が得られないこともあるため、もう一度同じ量の薬を飲む必要があるでしょう。

2回目も吐き出してしまった場合、体には大きな負担がかかってしまいます。
その場合は自己判断でもう一度服用するのではなく、医療機関を受診してドクターに相談した方が良いでしょう。
アフターピルの副作用についても知っておくことで安心して利用することができます。