なぜ低用量ピルで生理痛緩和ができるの?

そもそも生理痛というのは、排卵によって卵巣から分泌されるプロゲステロンが子宮内膜に働きかけることが原因で起こります。

プロゲステロンの分泌量が多いと、生理中の子宮内膜に増えるプロスタグランジンによって子宮の収縮が強くなり、これが生理痛と呼ばれる痛みを引き起こすというわけです。
このプロスタグランジンの量は女性それぞれで異なり、ほとんど生理痛がないという人もいれば、寝込んでしまうほど重い人もいます。

低用量ピルを服用すると、排卵を抑えることになりますので、卵巣から出てくるプロゲステロンがプロスタグランジンへ与える影響も少なくなります。
そのため、プロスタグランジンによって痛みが引き起こされることが少なくなるため、低用量ピルを服用することで、生理痛緩和につながるというわけです。

生理痛緩和のために使われる低用量ピルの主なものとしては、マーベロンやヤーズがよく知られています。
どちらも低用量ピルであることは間違いないのですが、実際に服用してみないことには、人それぞれの体質に合い、効果をもたらすかどうかはわかりません。

場合によっては効果よりも副作用の方が強く出て、吐き気や胸のハリといった不快感を感じることもありますので、副作用が出た場合にはすぐに医師に相談し、変えてみるのがいいでしょう。
マーベロンがダメだった人がヤーズに変える、あるいはその逆を行うことにより、体に合えば生理痛緩和はもちろんのこと、生理周期も整ってくるというメリットが生まれます。

低用量ピルを服用しだしたところ、寝込むほどひどかった生理痛緩和が実現したとなれば、毎月のことだけに生活のクオリティを高め、より快適に生理期間を過ごせるようになるのは間違いありません。
寝込むほどではないけれど毎月確実に痛みがあり、鎮痛剤を服用しているという人や、生理周期も乱れがちという人にとって、まとめて改善することが出来るという利点を生み出してくれるといえそうです。

都合のいいタイミングに生理周期をずらす

毎月、規則正しい周期で生理が訪れているということは、それだけ子宮内部の機能がしっかり働いているということで、女性の体にとってはとても良いことなのですが、生活をしている中では今、生理がくるとちょっと困るというときがあります。
最近は小学校高学年くらいから初潮が始まりますし、そうなると小学校の修学旅行の日程が生理の日とどんぴしゃりということも起こってきて、子供は勿論のこと親も心配でしょう。
学校の先生はもちろんそのための対策をするはずですが、できれば生理でないときに行けた方が友達と一緒に大浴場に入れたり、生理用品を持っていったりといった荷物を減らすことにもつながります。
これは小学校の時だけでなく、中学や高校の修学旅行でも当てはまることです。
さすがに小学生の場合はむずかしいですが、高校生くらいになれば体はかなり成長して大人の女性に近づいてきていますので、低用量ピルを服用することによって生理周期をずらすことを検討出来るようになります。
修学旅行やその他の旅行、あるいは運動部に所属している子であれば、大事な試合の時はずらしておきたいというときだけ活用するなら、体への負担もそれほど心配する必要はありません。

大人になれば、避妊目的のためにずっと飲み続けることになる低用量ピルですので、来てほしくないときに来ないよう、都合のいいタイミングになるように計って飲むことにより、確実に生理が始まる時期を変えることが可能です。
もともとは生理痛を何とかしたいという目的で飲み始めたとしても、その過程において時には都合のいいタイミングで生理が来るように周期をずらすといったことが可能になるとあって、生理痛緩和だけではない使い道があるところも、低用量ピルを服用することのメリットです。